畳替えで始める新生活【部屋の雰囲気が一変】

最新記事一覧

畳のメンテナンス

畳

畳はメンテナンスの意味である畳替えを行うことで長く良好な状態を保つことができます。新畳から3〜5年で裏返しの作業を業者に依頼します。それからまた5年経ったら次は畳表を新調する表替を依頼します。表替は畳本体が丈夫なら何度でも可能です。本体部分の傷みが激しくなったら新畳の導入がおすすめです。

詳しく見る

快適な生活を送る

和室

長持ちさせる

遠い昔から、日本の家屋では畳が愛用されてきました。大人数で床に座って食事ができるなど、使い勝手がいい和室には欠かせない畳ですが、長い間使っていくためには手入れが大切です。もし畳の表面が毛羽立つ、デコボコしているといった症状が出てきたら、早めに畳替えをします。畳替えには、裏返しと表替え、新調の3種類があります。どの作業でも、20畳以内であればおおよそ1日で作業が完了する早さが魅力です。畳を外してからもう一度敷き詰めるまでの時間が短いので、生活していてもさほど不便を感じません。また畳替えは業者の作業場で行うことが多いため、自宅で大変な思いをすることもありません。もう一つのメリットは金額です。例えば裏返しなら1畳2000円から5000円ほどとかなりリーズナブルです。表替えや裏返しをすれば畳自体も長持ちするので、新調するまでの期間が長くなり、畳を長期間使用できます。もし定期的にメンテナンスをすれば、畳が長持ちする上に費用もさほどかからずに済みます。また畳替えをすると、部屋の雰囲気が一変します。部屋自体は新しく見えて、い草のいい香りが漂い気持ちも安らぐ効果があります。そして日本人に馴染みが深いその香りを嗅いでいると、リラックスしてきます。さらに畳本来の機能を最大に発揮するのも、畳替えのメリットです。例えば、畳は通気性に優れているので、抗菌作用が働いてアレルギー反応が出にくくなります。体にもいい影響を与えるので、赤ちゃんが和室ではいはいをしても安全です。

近くの業者を選定します

作業員

畳替えをする際には家具の移動を伴うことが多く、二部屋が一時的に使用できなくなることが多いので、畳の運送に時間を要しない近隣の業者を選定することが得策です。畳は部屋に合わせて敷かれておりサイズも異なるので専門の業者に畳替えを任せると安心です。

詳しく見る

使用年数によって違う

メンズ

畳替えは、畳を利用している年数によって方法が違います。2年半を経過している場合は裏返し、5年を経過している場合は表替え、10年を経過している場合は新畳という方法が一般的にとられます。正しい方法で対応すれば、畳を長く大切に使い続けることができます。

詳しく見る

ネットで依頼できる業者

和室

畳替えの見積りは直接店舗に電話だけでなくホームページにて行うことができます。畳業者のホームページでは料金シミュレーションができるところがありますので、見積に必要な情報を入力すれば、おおよその見積り料金を調べることができます。

詳しく見る

メンテナンスをする効果

畳

畳替えには、裏返しや表替えといった方法があります。この方法で畳を定期的にメンテナンスしてやります。定期的にメンテナンスをすることで、畳を長持ちさせることができます。新しく購入するよりもトータルでコストを抑えることができます。

詳しく見る