畳替えで始める新生活【部屋の雰囲気が一変】

最新記事一覧

使用年数によって違う

メンズ

新調しなくて良い時もある

畳は日光や年数により傷みが生じます。傷みを改善し綺麗な畳を利用するためには、畳替えが必要になります。畳替えを行うためには畳を新調する必要があるとイメージする方もおられます。しかし、使用年度によっては、新調をしない畳替えの方法をとることができるのです。畳を使い始めて2年半程度の場合は、裏返しという畳替えを行います。裏返しは文字どおり、畳の表と裏をひっくり返す方法です。今まで表にあり傷み始めた面を裏にすることで、畳に片寄った傷みを生じさせないという効果もあります。畳を使用してから5年、あるいは前回裏返し等の畳替えを行ってから5年を経過している場合は、畳表替という畳替えを行います。今使っている畳床はそのまま利用し、畳表や畳縁を新しくする方法です。傷みが生じた部分を新しくすれば、今ある畳床を活かすことが可能となります。使用してから10年、および前回の畳替えを行なってから10年を経過している場合は、畳を全て新しくする新畳が最良な方法です。畳自体が10年という年月により劣化してしまっているため、新しく交換する必要があるのです。畳は日々傷みます。しかし、使用年数によって正しい畳替えを行えば、長い年月安心して使用することができるのです。また、傷味が生じてもすぐに新調をせず専門業者に相談をすれば、適切な畳替えで対応することも可能です。畳替えは、今使っている畳を長く大切に使い続けるために、とても重要な策なのです。