畳替えで始める新生活【部屋の雰囲気が一変】

最新記事一覧

近くの業者を選定します

作業員

専門の業者に任せます

畳替えをすると和室に新しい畳の香りが漂って気持ちの良いものです。定期的に畳替えをすることで畳が長持ちします。畳替えをするためには、一般的には家具を移動する必要があります。畳替えをする部屋の家具を他の部屋に一時的に移動して、畳替えの作業が終了すると元に戻します。そのため、畳替えの最中は二部屋が使用できない状態になることが多いです。家具の移動を自分でして、何もない状態にしておけば畳替えの料金は割安になりますが、家具の移動も含めて業者に依頼することが多いです。畳替えは畳を業者が持ち帰って行い、元に戻す作業になります。その場で作業することは難しいので、一度は持ち帰ります。したがって、持ち帰ってその日の間に作業を終えて元に戻せることが重要になります。家具の移動をしている場合には二部屋が使用不能になっていますので、それを何日も継続されると一般的な家庭では生活に支障がありますので、一日で完了してもらえる業者に依頼するのが得策です。そのためには、自宅から近い業者で、畳の運搬に時間を要しない場所にある業者を選択する必要があります。畳は部屋の大きさや形状に合わせて切断して作ってあります。全ての畳が同じ大きさなのではなく、部屋に合わせて畳のサイズを決めているのです。同じ部屋の畳であっても、大きさが異なる場合も珍しくありません。素人が畳替えをすると畳が元通りに部屋に入らなくなってしまうこともありますので、専門の業者に任せるのが安心です。