畳替えで始める新生活【部屋の雰囲気が一変】

最新記事一覧

畳のメンテナンス

畳

長く心地良く使うためには

畳は、植物のい草を編んで作った床材です。日本の風土に適していて、なおかつ自然由来で長持ちとエコ的にも優れていることから、畳の存在は各所から高く評価されています。ただし、長く心地良く使い続けるにはメンテナンスが重要なポイントとなります。畳のメンテナンスのことを「畳替え」といいますが、これを怠ると劣化が早くなるため、状態の変化には注意が必要なのです。まず最初の畳替えは、新畳を入れてから3〜5年経った頃が目安と言われています。この頃になると、新畳の頃の青さや清々しい香りがなくなって日焼けが起こり、畳の表面である畳表に小さなキズや汚れが目立ちます。この状態になったら、業者に「裏返し」という畳替えを依頼します。裏返しは、畳本体から畳表を剥がして裏返しにし、それを再び本体に貼り付ける作業です。この作業で、新畳に近い状態を楽しめます。それからまた3〜5年経つと畳表の毛羽立ちが目立ち、繊維が剥がれて粉状になり、それが服や体につくという現象が起こってきます。こうなったら、今度は「表替」という畳替えを業者に依頼します。表替は、傷んだ畳表を本体から剥がし、新しい畳表を貼り替えるという作業です。表替を行うと見た目や香り等、新畳と何ら変わらない状態にすることができます。また、畳本体がしっかりしていれば、この表替は何度でも可能です。逆に言えば、畳替えをこまめにしていれば畳本体を長く良好に保つことができるため、状態の把握がいかに重要なのかがわかります。ただし、このように畳替えをしっかり行っていても、いつかは寿命が訪れます。畳の上を歩くとしっかりとした踏み心地がなくなりブカブカする、畳と畳の間に隙間ができる、腐敗臭はカビ臭がする等の状態がみられたら、畳本体の寿命が尽きた証拠です。このような状態になったら、新畳の導入がおすすめです。